日蓮大聖人御書全集 創価学会版
(ポケット版御書)

[目次]

四十九院申状

<前 P0848 次>


*四十九院申状

 駿河の国蒲原の庄四十九院の供僧等謹んで申す。

 寺務二位律師厳誉の為に日興並に日持承賢賢秀等所学の法華宗を以て外道大邪教と称し往古の住坊並に田畠を奪い取り寺内を追い出さしむる謂れ無き子細の事。

 右釈迦一代教の中には天台を以て宗匠と為す、如来五十年の間は法華を以て真実と為す、是れ則ち諸仏の本懐なり抑亦多宝の証誠なり、上一人より下万民に至るまで帰敬年旧り渇仰日に新なり。

 而るに厳誉の状に云く「四十九院の内日蓮が弟子等居住せしむるの由其の聞え有り、彼の党類仏法を学し乍ら外道の教に同じ正見を改めて邪義の旨に住せしむ以ての外の次第なり、大衆等評定せしめ寺内に住せしむべからざるの由の所に候なり」云云。

 茲に因つて日興等忽に年来の住坊を追い出され已に御祈祷便宜の学道を失う、法華の正義を以て外道の邪教と称するは何の経何れの論文ぞや、諸経多しと雖も未だ両眼に触れず法華の中に諸経を破るの文之有りと雖も諸経の裏に法華を破るの文全く之無し、所詮已今当の三説を以て教法の方便を破摧するは更に日蓮聖人の莠言に非ず皆是れ釈尊出世の金口なり。

 爰に真言及び諸宗の人師等大小乗の浅深を弁えず権実教の雑乱を知らず、或は勝を以て劣と称し或は権を以て実と号し意樹に任せて砂草を造る、仍て愚癡の輩短才の族経経顕然の正説を伺わず徒に師資相伝の口決を信じ秘密の法力を行ずと雖も真実の験証無し、天地之が為に妖蘗を示し国土之が為に災難多し、


<前 P0848 次>


満月城岡山ポケット版御書