日蓮大聖人御書全集 創価学会版
(ポケット版御書)

[目次]

松野殿御消息

<前 P1378 次>


*松野殿御消息

 柑子一篭種種の物送り給候、法華経第七巻薬王品に云く衆星の中に月天子最も為第一なり此の法華経も亦復是くの如し、千万億種の諸の経法の中に於て最も為照明なり云云、文の意は虚空の星は或は半里或は一里或は八里或は十六里なり、天の満月輪は八百里にてをはします、華厳経六十巻或は八十巻般若経六百巻方等経六十巻涅槃経四十巻三十六巻大日経金剛頂経蘇悉地経観経阿弥陀経等の無量無辺の諸経は星の如し、法華経は月の如しと説かれて候経文なり、此れは竜樹菩薩無著菩薩天台大師善無畏三蔵等の論師人師の言にもあらず、教主釈尊の金言なり譬へば天子の一言の如し、又法華経の薬王品に云く能く是の経典を受持すること有らん者も亦復是くの如し一切衆生の中に於て亦為第一等云云、文の意は法華経を持つ人は男ならば何なる田夫にても候へ、三界の主たる大梵天王釈提桓因四大天王転輪聖王乃至漢土日本の国主等にも勝れたり、何に況や日本国の大臣公卿源平の侍百姓等に勝れたる事申すに及ばず、女人ならば・尸迦女吉祥天女漢の李夫人楊貴妃等の無量無辺の一切の女人に勝れたりと説かれて候、案ずるに経文の如く申さんとすればをびただしき様なり人もちゐん事もかたし、此れを信ぜじと思へば如来の金言を疑ふ失は経文明かに阿鼻地獄の業と見へぬ、進退わづらひ有り何がせん、此の法門を教主釈尊は四十余年が間は・の内にかくさせ給う、さりとてはとて御年七十二と申せしに南閻浮提の中天竺王舎城の丑寅耆闍崛山にして説かせ給いき、今日本国には仏御入滅一千四百余年と申せしに来りぬ、夫より今七百余年なり、先き一千四百余年が間は日本国の人国王大臣乃至万民一人も此の事を知らず。


<前 P1378 次>


満月城岡山ポケット版御書