日蓮大聖人御書全集 創価学会版
(ポケット版御書)

[目次]

産湯相承事

<前 P0878 次>


*産湯相承事

         日興之を記す

 御名乗りの事、始めは是生実名は蓮長と申し奉る後には日蓮と御名乗り有る御事は悲母梅菊女[童女の御名なり平の畠][山殿の一類にて御座す云云]法号妙蓮禅尼の御物語り御座す事には、我に不思議の御夢想あり、清澄寺に通夜申したりし時汝が志真に神妙なり一閻浮提第一の宝を与えんと思うなり、東条片海に三国の太夫と云う者あり是を夫と定めよと云云、其の歳の春三月廿四日の夜なり正に今も覚え侍るなり。

 我父母に後れ奉りて已後詮方なく遊女の如くなりし時御身の父に嫁げり、或夜の霊夢に日く叡山の頂に腰をかけて近江の湖水を以て手を洗うて富士の山より日輪の出でたもうを懐き奉ると思うて打ち驚いて後月水留ると夢物語りを申し侍れば、父の太夫我も不思議なる御夢想を蒙むるなり、虚空蔵菩薩貌吉き児を御肩に立て給う、此の少人は我が為には上行菩提薩・なり日の下の人の為には生財摩訶薩・なり、亦一切有情の為には行く末三世常恒の大導師なり、是を汝に与えんとのたもうと見て後御事懐妊の由を聞くと語り相いたりき、さてこそ御事は聖人なれ。

 又産生まるべき夜の夢に富士山の頂に登つて十方を見るに明なる事掌の内を見るが如し三世明白なり、梵天帝釈四大天王等の諸天悉く来下して本地自受用報身如来の垂迹上行菩薩の御身を凡夫地に謙下し給う御誕生は唯今なり、無熱池の主阿那婆達多竜王八功徳水を応に汲み来るべきなり、当に産湯に浴し奉るべしと諸天に告げ給えり、仍て竜神王即時に青蓮華を一本荷い来れり、其の蓮より清水を出して御身を浴し進らせ侍りけり、其の余れる水をば四天下に灑ぐに其の潤いを受くる人畜草木国土世間悉く金色の光明を放ち


<前 P0878 次>


満月城岡山ポケット版御書