日蓮大聖人御書全集 創価学会版
(ポケット版御書)

[目次]

神国王御書

<前 P1526 次>


唯仏前にては是くの如く申して多宝十方の諸仏は本土にかへり給う、釈尊は御入滅ならせ給いてほど久くなりぬれば末代辺国に法華経の行者有りとも梵釈日月等御誓いをうちわすれて守護し給う事なくば日蓮がためには一旦のなげきなり、無始已来鷹の前のきじ蛇の前のかへる の前のねずみ犬の前のさると有りし時もありき、ゆめの代なれば仏菩薩諸天にすかされまいらせたりける者にてこそ候はめ。

 なによりもなげかしき事は梵と帝と日月と四天等の南無妙法蓮華経の法華経の行者の大難に値をすてさせ給いて現身に天の果報も尽きて花の大風に散るがごとく雨の空より下るごとく其の人命終入阿鼻獄と無間大城に堕ち給はん事こそあはれにはをぼへ候へ、設い彼の人人は三世十方の諸仏をかたうどとして知らぬよしのべ申し給うとも日蓮は其の人人には強きかたきなり、若し仏の返頗をはせずば梵釈日月四天をば無間大城には必ずつけたてまつるべし、日蓮が眼をそろしくばいそぎいそぎ仏前の誓いをばはたし給へ、日蓮が口、○。

  又むぎひとひつ鵞目両貫わかめかちめみな一俵給い畢んぬ、干いやきごめ各各一かうぶくろ給い畢ん  ぬ、一一の御志はかきつくすべしと申せども法門巨多に候へば留め畢んぬ、他門にきかせ給うなよ大事の事  どもかきて候なり。

*上野殿御消息

   /建治元年 五十四歳御作

+                    与南条時光

 三世の諸仏の世に出でさせ給いても皆皆四恩を報ぜよと説き三皇五帝孔子老子顔回等の古の賢人は四徳を修せよとなり、四徳とは一には父母に孝あるべし二には主に忠あるべし三には友に合うて礼あるべし四には劣れるに逢うて慈悲あれとなり、


<前 P1526 次>


満月城岡山ポケット版御書